▲TOPへ戻る

全卵凍結とその後の移植スケジュール

全卵凍結とその後の移植スケジュール

採卵に続いて胚移植を行う新鮮胚移植と、受精卵を一旦凍結保存してから後の周期で移植する凍結胚融解胚移植とを比べると、後者の妊娠率がより高いことが知られています。受精卵は冷凍食品と同様に、凍結することによりその質に何らかの良い影響が出ることはありませんので、妊娠率の上昇は移植方法や身体のコンディションの違いがもたらす影響と考えられます。
新鮮胚移植の場合には、エストロゲン値が異常に高くなり、また早い時期から黄体ホルモンが分泌されるなどして、ホルモン状態と子宮内膜および受精卵の発育がシンクロしないことなどが妊娠率低下の原因とされます。
また採卵数が多く卵巣過刺激症候群を起こしやすい状況で無理に移植を行い妊娠に至った場合には、重症化のリスクが生じます。

採卵後に受精卵を凍結保存し、数周期の間、ホルモン状態や体調を整えた後に移植を行う凍結受精卵融解胚移植では、上記の問題が解消されます。
とりわけホルモン補充周期で行う移植法では、ホルモン状態が安定していることが妊娠率を改善させる要因と考えられます。
そこで当院では、以下に該当する場合には新鮮胚移植を見合わせ、全ての受精卵を凍結(全卵凍結)しています。

 

□ 条件(いずれか)

 ・ 採卵数(もしくは卵胞数)10個以上
 ・ 血中エストロゲン値 3000pg/ml以上
 ・ 早期黄体化が起こっている場合
 ・ 卵巣過刺激症候群を起こしやすい体質や、過去に既往のある場合
 ・ 新鮮胚移植で妊娠に至らない場合

融解胚移植の時期は、採卵後の卵巣の状態により採卵した翌月か、翌々月となります。採卵後およそ2週間で月経となったら、診察を行います。卵巣に遺残卵胞がなければ、その周期で移植を行います。遺残卵胞がある場合には、そこから1周期ピルを服用して卵巣を休めます。ピル服用後に月経が開始したら、移植予定を立てます。

 

不妊不育治療センター ASKAレディースクリニック GnRHショート法

不妊不育治療センター ASKAレディースクリニック GnRHロング法

不妊不育治療センター ASKAレディースクリニック アンタゴニスト法

不妊不育治療センター ASKAレディースクリニック クロミッド法

トップページに戻る