▲TOPへ戻る

生殖補助医療の料金について

体外受精(顕微授精)は、保険適応となっていないため、これにかかわる診察料、検査料、投薬料、技術料は全額自己負担となります。
こうした自由診療の料金設定には一定のルールがないため、施設による価格差が生じます。当院では診療報酬を以下のように定めています。

① 保険点数の設定のある医療行為は、その料金の10割分に消費税を加算。
② 保険点数のない医療行為は、独自に設定。

100円の医療行為を受ける場合、健康保険が70円を負担するため、自己負担は30円ですみますが、同じ医療内容が自由診療のもとで行われると、全額100円(税別)が自己負担となります。

※自由診療には、消費税が加算されます。
※当院は、奈良県(市)、大阪府(市)、京都府、その他の自治体の「特定不妊治療費助成金制度」の認定機関となっておりますので、対象となる方は助成金を受け取ることができます。

 

諸費用一覧

 □ 診察料     料金(税別)
  再診料   800 円 
  再診料+内診   1,300 円 
  再診料+内診+超音波検査   3,300 円 
 ※ 診察回数によっては、料金を減額する場合があります。
 □ 検査料     料金(税別)
  検査名        
  術前一般検査(初回採卵時のみ)   10,000 円 
  エストロゲン(採卵前・移植時)   2,300 円 
  エストロゲン&プロゲステロン(採卵前・移植時) 4,300 円 
  精液検査(一般検査)   2,000 円 
  超音波検査   2,000 円 
  妊娠検査(hCG 精密定量)   1,500 円 
 ※ 術前一般検査:血液型、感染症、肝機能、貧血、血液凝固機能など
 □ 投薬料(注射剤他)   料金(税別)
  薬剤名        
  HMG製剤        
   HMGフジ 150単位   1,810 円 
   HMGテイゾー 150単位   1,810 円 
   HMGフェリング 150単位   1,810 円 
   HMGフェリング 75単位   1,530 円 
  FSH製剤        
   フォリルモンP 150単位   2,200 円 
   フォリルモンP 75単位   1,720 円 
   フォリスチム 150単位   7,000 円 
   フォリスチム 75単位   4,000 円 
   フォリスチム 50単位   3,240 円 
   フォリスチムカートリッジ 300単位   17,200 円 
   フォリスチムカートリッジ 600単位   34,290 円 
   フォリスチム 専用ペン   3,200 円 
   フォリスチム 専用針(9本)   180 円 
  HCG製剤        
   HCG 3000単位   390 円 
   HCG 5000単位   480 円 
  黄体ホルモン剤        
   プロゲストン注 50mg   240 円 
   プロゲデポー注 125mg   200 円 
   ルティナス膣錠   400 円 
  GnRHアゴニスト        
   スプレキュア   12,400 円 
   イトレリン   8,300 円 
   小分けボトル(2日分)   2,000 円 
  GnRHアンタゴニスト        
   セトロタイド 0.25mg   7,000 円 
   ガニレスト 0.25mg   7,000 円 
注射には注射手技料200円が加算されます。注射だけの受診の場合でも再診料がかかります。
 □ 技術料 料金(税別)
  採卵培養費用 採卵~培養 体外受精 160,000 円 
      顕微授精加算 卵子10個以下 +50,000 円 
      顕微授精加算 卵子11個以上 +80,000 円 
  胚移植費用 新鮮胚移植   60,000 円 
    凍結卵融解胚移植   80,000 円 
  オプション加算 胚盤胞培養   +20,000 円 
    孵化補助法   +20,000 円 
    エンブリオグル 着床促進培養液 +10,000 円 
  その他 採卵実費 採卵できなかった場合の手技料 20,000 円 
    麻酔科   15,000 円 
  凍結保存 受精卵 凍結保存料(1ロットあたり) 20,000 円 
      継続管理料 1年間 30,000 円 
    射出精子 凍結保存料 20,000 円 
      継続管理料 1年間 30,000 円 
    精巣内精子 精子確認検査 30,000 円 
      精子回収 30,000 円 
      凍結保存 20,000 円 
      継続管理料 1年間 30,000 円 
受精卵の凍結費用は、容器数(ロット数)×20,000円で計算します。
受精卵の継続管理料は、ロット数に関係なく年間30,000円となります。
ロットに凍結できる受精卵の数は、初期胚であれば2個まで、胚盤胞は1個です。

技術料解説

   費用  解説  
  「採卵〜培養」 採卵を行い、卵子と精子を受精(媒精)させた後、受精卵を初期胚まで培養するのに必要な費用です。
顕微授精を行う場合には、これに「顕微授精費用」が加算されます。
胚盤胞培養する場合には、これに「胚盤胞培養費用」が加算されます。
 
  「新鮮胚移植」 「採卵〜培養」に続いて、新鮮胚(初期胚あるいは胚盤胞)を移植するのに必要な費用です。
孵化補助法を併用する場合には、「孵化補助法費用」が加算されます。
 
  「凍結融解胚移植」 凍結保存された受精卵を融解して胚移植するのに必要な費用です。
融解操作が加わる分だけ「新鮮胚移植費用」より高くなります。
孵化補助法を併用する場合には、「孵化補助法費用」が加算されます。
 
  「顕微授精」 顕微授精を行う際に「採卵〜培養」費用に加算される費用です。
採卵数により加算額が決まります。
 
  「胚盤胞培養」 初期胚を胚盤胞にまで培養するのに必要な費用です。
胚盤胞にならなかった場合でも返金はできません。
 
  「採卵実費」 採卵したが、卵子が得られなかった場合にかかる採卵費用です。  
  「受精卵凍結保存料」  受精卵(初期胚あるいは胚盤胞)を凍結保存するのに必要な費用です。
凍結費用は凍結に用いる容器(ロット)数で計算します。
1ロットに保存できる受精卵の数は、初期胚であれば2個まで、胚盤胞は1個です。
この費用には一年間の保存費用(管理料)が含まれます。
 
  「受精卵継続管理料」  受精卵を液体窒素の中で保管する費用です(受精卵の家賃)。
一年ごとに行われる凍結保存の更新手続きの際に請求されます。
 
  「麻酔料」 採卵に麻酔を使用した場合にかかる費用です。  

 

支払方法

料金は採卵費用と胚移植費用の2回に分けてお支払いいただきます。
なお当院では銀行振り込みや、クレジットカードに対応しておりません。

採卵費用(採卵当日に必要な費用)

・「採卵〜培養」にかかわる技術料
・ 加算費用(顕微授精・胚盤胞培養などの技術料)
・投薬料(内服薬など)
・麻酔料

胚移植費用(胚移植当日に必要な費用)

・「新鮮(凍結融解)胚移植」にかかわる技術料
・ 加算費用(孵化補助法・エンブリオグル・受精卵凍結保存などの技術料)
・投薬料(内服薬など)
・血液検査料

 

割引制度

毎回の治療費は高額となるため、採卵回数が一定以上になった場合、減額する料金システムにしております。
具体的には「採卵回数」が4回目以降で、割引料金が導入されます。

※ここで言う「採卵回数」とは、「採卵〜培養」費用を支払った回数を指します。
 採卵しても卵子が得られなかった場合は、回数に数えません。

採卵回数 1〜3回 4回目 5〜9回目 10回目以降
割引率 なし 3割引 5割引 特別料金

割引が適応されるのは、受精卵凍結保存料を除いた技術料のみとなります。
診察料・検査料・投薬料についての割引はありません。
また妊娠出産された場合には、割引回数はリセットされます

トップページに戻る