医療法人平治会 ASKAレディースクリニック

下垂体ホルモン
 FSH(エフ・エス・エイチ)
 名称 
卵胞刺激ホルモン(下垂体性ゴナドトロピン)
 作用 
卵巣での卵胞発育を促します。
通常10以下ですが15〜20を越えると卵巣(造精)機能が低下している可能性があります。
男性:睾丸に働き、精子の形成を促します。
 正常値 
卵胞期(基礎値)3.5〜12.5 排卵期4.7〜21.5 黄体期1.7〜7.7
閉経期25.8〜 男性1.5〜12.4(mIU/ml)
 検査時期 
基礎値を調べる場合には月経3日目〜7日目
 異常高値 
排卵障害(月経不順) 卵巣性無月経(早発)閉経
 異常低値 
排卵障害(月経不順) 下垂体機能低下症
  正常値は検査法により若干異なります
 LH(エル・エイチ)
 名称 
黄体形成ホルモン(下垂体性ゴナドトロピン)
 作用 
卵巣での卵胞成熟と排卵を促し排卵後の黄体を刺激します。
通常10以下ですが10を越えると排卵障害の可能性があります。
男性:睾丸からの男性ホルモンの分泌を促します。
 正常値 
卵胞期(基礎値)2.4〜12.6 排卵期14.0〜95.6 黄体期1.0〜11.4
閉経期7.7〜58.5 男性1.7〜8.6(mIU/ml)
 検査時期 
基礎値を調べる場合には月経3日目〜7日目
 異常高値 
排卵障害(月経不順) 卵巣性無月経(早発)閉経
 異常低値 
排卵障害(月経不順) 下垂体機能低下症
  正常値は検査法により若干異なります
 LH / FSH比
通常1以下(すなわちLH<FSH)ですが、1以上(すなわちLH≧FSH)の場合には排卵障害の可能性があります。
例 多嚢胞性卵巣症候群 男性:精索静脈瘤
 PRL(プロラクチン)
 名称 
プロラクチン(乳腺刺激ホルモン)
 作用 
乳腺の発達と乳汁分泌に関与します。
高プロラクチン血症は排卵障害や流産の原因となることがあります。
 正常値 
女性3.4〜24.1  男性4.1〜18.4(ng/ml)
 検査時期 
性周期による変動なし  妊娠時には上昇
 異常高値 
高プロラクチン血症(薬剤性・下垂体腺腫・甲状腺機能低下症)妊娠・産褥
 異常低値 
下垂体機能低下症(分娩後のシーハン症候群)
  正常値は検査法により若干異なります
 ※高プロラクチン血症については「不妊の基礎知識」を参照
 TSH(ティー・エス・エイチ)
 名称 
甲状腺刺激ホルモン
 作用 
甲状腺(前頸部)を刺激して、甲状腺ホルモンの分泌を促します。
甲状腺機能異常は不妊症や流産の原因となることがあります。
 正常値 
0.54〜4.54(μIU /ml)
 検査時期 
性周期による変動なし
 異常高値 
甲状腺機能低下症(橋本病・亜急性甲状腺炎)
 異常低値 
甲状腺機能亢進症(バセドウ氏病・亜急性甲状腺炎
  正常値は検査法により若干異なります

性腺ホルモン
 女性ホルモン:エストロゲン
 E2(イー・ツー)
 名称 
エストラジオール17β(卵胞ホルモン)
 作用 
生殖器の発育 卵胞成熟の指標 子宮内膜の肥厚
 正常値 
卵胞期25〜195 排卵期66〜411 黄体期40〜261 閉経期10〜40
男性14〜60(pg /ml)
 検査時期 
性周期により変動
 異常高値 
排卵誘発剤使用(卵巣過刺激症候群) 妊娠時
 異常低値 
卵巣機能不全 卵巣低(無)形成 下垂体機能低下症 閉経後
  正常値は検査法により若干異なります
 P4(ピー・フォー)
 名称 
プロゲステロン(黄体ホルモン)
 作用 
黄体から分泌され子宮に作用し着床に備える 妊娠の維持に必要
 正常値 
卵胞期0.2〜1.5 排卵期0.8〜3.0 黄体期1.7〜27.0
閉経期0.1〜0.8 男性0.2〜1.4(ng / ml)
 検査時期 
性周期により変動
 異常高値 
排卵誘発剤使用(卵巣過刺激症候群) 妊娠時
 異常低値 
黄体機能不全
  正常値は検査法により若干異なります
この二つのホルモンは卵胞の発育や黄体の状態など直接妊娠に関わるホルモンであり重要です。
月経周期により大きく変動するのが特徴であり、周期によっても異なります。

卵胞ホルモン
卵胞ホルモン(E2)は卵胞の中にあり卵子を取り囲む「顆粒膜細胞」が産生分泌します。卵子自身が分泌しているホルモンではありませんが、卵子の成熟度を間接的に示しています。排卵時の成熟卵胞はおよそ200〜pg/mlのE2を分泌します。卵胞が複数あればその個数分の値を示します。E2がこれを下回る場合には「未成熟排卵」である可能性があります。また排卵誘発剤を用いた刺激周期においてE2は高値となりますが、3000を越えると「卵巣過刺激症候群(「治療について」を参照)」のリスクが高まります。
月経時に測定した基礎値が「100」を越える場合には、前周期の遺残卵胞が存在する可能性があります(「不妊の基礎知識」→「黄体化非破裂卵胞」参照)。

黄体ホルモン
排卵後の卵胞には「黄体」が形成され、黄体ホルモン(P4)が分泌されます。P4は子宮内膜に作用し着床の準備を整え、体温を高温期に移行させ妊娠の維持には不可欠です。黄体は妊娠が成立した後には「妊娠黄体」と呼ばれP4の分泌を続けますが、着床しなかった場合にはおよそ10〜14日で寿命が尽き、消退することで月経が起こります(月経黄体)。
P4もE2同様、月経周期によって変動します。排卵後に上昇し、およそ10ng /ml以上が正常値です。これを下回る場合には「黄体機能不全」が疑われます。

 男性ホルモン:アンドロゲン
 テストステロン
 名称 
テストステロン
 正常値 
男性300〜1050  女性8〜85(ng/dl)
 検査時期 
性周期により変動
  正常値は検査法により若干異なります

自己抗体
「抗体」とは細菌などの外敵の侵入に際して体内で産生される免疫のことを言います。例えば風疹に罹患すると、抗風疹ウイルス抗体により再感染を起こすことはなくなります。
このような「身体を守る免疫抗体」とは違い、自己抗体は「自分の身体の組織や臓器を攻撃してしまう抗体」で、これにより引き起こされる疾患を総称して「自己免疫疾患」と言います。
膠原病や甲状腺疾患をはじめ多くの疾患で自己抗体の関与が判明しており、不妊領域においては抗核抗体、抗精子抗体や抗リン脂質抗体などが重要です。

 抗核抗体
 名称 
ANA Anti-Nuclear Antibody
 作用 
細胞の核成分に対する抗体
 正常値 
正常:40倍未満
40〜80倍:必要により精査  160倍以上:免疫疾患を疑って精査
 異常高値 
膠原病と類似疾患 高齢者 不妊症
自己抗体の代表格であるANAは若年女性には比較的高率に検出される自己抗体です。
40〜80倍の弱陽性の頻度はかなり高く、健常人の30%が「40倍」、5%が「160倍」を示します。つまり疑陽性の頻度が高い検査なのです。これらの人では多くの場合、生涯にわたって自己免疫疾患を発症しません。
抗核抗体は具体的な抗体値ではなく、陽性限界となる希釈倍率により表示されます。具体的には「40倍未満」が正常で、「40倍」からが陽性となり、以降「80倍」「160倍」のように倍々に段階表記されます。倍数が大きいほどそれだけ抗体値が高いと考えます。

 抗リン脂質抗体
 名称 
APA Anti-phospholipid Antibody
 作用 
血管内皮を障害し微小血栓を形成
 種類 
抗カルジオリピン抗体(抗CL抗体)、抗カルジオリピンβ2GP1抗体、抗フォスファチジルエタノールアミン抗体(抗PE抗体)、抗フォスファチジルセリン抗体(抗PS抗体)、ループスアンチコアグラント(LAC)
 正常値 
陰性
 異常高値 
全身性エリテマトーデス(SLE)、関節リウマチ、進行性全身性硬化症、混合性結合組織病、多発性筋炎、皮膚筋炎、抗リン脂質抗体症候群(APS)
抗リン脂質抗体は産婦人科領域においては不育症、妊娠中毒症、子宮内胎児発育遅延などとの関連性があり重要です(「不妊の基礎知識」→「抗リン脂質抗体症候群」参照)。

 抗精子抗体
精子の検査」参照


ASKAの不妊治療不妊治療の心得診療時間アクセス方法不妊治療Q&A

トップページに戻る

〒631-0001 奈良市北登美ヶ丘3-3-17 Phone:0742-51-7717お問い合わせ

Copyright 2003 ASKA Ladies Clinic. All Rights Reserved.