医療法人 平治会 ASKAレディースクリニック



 投函件数:912件 そのうち121件を表示しています 


卵巣がんについて・・・。
    不妊治療の件での相談です。
    よろしくお願いたします。

    私は不妊治療2年半間行っています。
    前周期にクロミッド+セキソビットを処方されました。

    10日目に超音波で確認しますと卵があまり大きく
    なっていなかった為、追加で注射を2日間打たれました。

    結果、多くの卵が出来てしまいました。

    その後、生理がきましたが右卵巣が腫れている為
    治療を中止しております。

    一ヶ月後の本日、超音波で確認いたしますと「画像に線が見え
    る」ので卵巣がんの可能性がある。と明後日MRIを行います。
    との事・・・・。

    先月超音波に確認した時には問題ありませんでした。

    一ヶ月で卵巣がんになるのでしょうか?
    大変不安に思っています。

    お忙しい所申し訳ございませんが、お返事の程よろしくお願いい
    たします。 
    投稿者:さっちん(女性:大阪府) 投稿日:2006.10.29
Re: 卵巣がんについて・・・。
    卵巣がんになる瞬間を厳密に捉えることは困難です。そういう意味では病気の発症はいつ起こってもおかしくないとはいえます。しかしながら、不妊症の診療を行っている医師は悪性疾患の発症にも十分注意を払っています。あなたの担当医もそういう思いから検査を勧めているのだと思います。過度に心配せずに、まずは検査を受けて結果を確認して下さい。
    投稿者:奈良県産婦人科医(男性:奈良県) 投稿日:2006.11.01
Re: 卵巣がんについて・・・。
    どちらの先生かは存じませんが、お忙しい中、私の替わりに
    質問にご回答いただき、誠にありがとうございました。
    心より感謝いたします。







    なお、すでに何度か告知していますように、


    現在このQ&Aは停止中です。


    投稿されましても、回答することができませんので、


    ご了承ください。


                         院長




















    投稿者:院長(男性:奈良県) 投稿日:2006.11.01

皆さん ルールを守りましょう!!!!
    H18年4月1日 
    HPリニュールの為 一時休止をします。

    H18年4月21日
    下記に告知しておりますように、現在このQ&Aは一時休止させて
    いただいております。
    再開するまでは、投稿をご遠慮くださいませ。

    と先生の書き込みがあるにも関わらず 書き込みしているのを見ると
    すっごく悲しくなります

    誰かが声を出して言うべきだと思い投稿させて頂きました
    再開されるまで暫く皆で待ちましょうね
    何を隠そう 私も再開を楽しみにしている一人なのです!
    投稿者:「山さん」(女性:奈良県) 投稿日:2006.08.19

多嚢胞性卵巣
    不妊治療を続けて半年になります。
    多嚢胞性卵巣と診断され、先月から注射による治療を開始しました。
    以前から生理が2週間以上続き、出血が始まってから10日目前後に強い生理がやってきます。生理終了後2週間くらいでまた軽い出血が始まります。
    治療をしても相変わらず変化もなくそのサイクルでやってきます。
    主治医は、黄体ホルモンも問題ないから気にしなくて良いと言いますが。
    かなり不安です。 
    軽い出血があっても妊娠することは可能なのでしょうか?
    ちなみに薬は飲んでいませんが橋本病です。
    よろしくお願いします
    投稿者:toratora(女性:東京都) 投稿日:2006.08.02

クロミット服用について
    不妊治療にむけて検査を一通りしましたが、右の卵管が詰まっているということで、その他に異常が見られず、タイミング療法をとりながら様子をみていました。先日、今まで行っていた病院を変えて、近所のクリニックに行ったら、早速クロミットを服用しましょうという提案があり、現在服用しております。しかし、私は毎月排卵もちゃんときている(基礎体温の他に毎月市販の排卵検査薬でチェックもしています)ので、クロミットという排卵誘発剤の服用については、疑問が残りました。医師の話では、排卵誘発剤は、排卵を起こすだけの薬ではなく、妊娠の確率をあげるものなので、心配はないとのことでした。実際のところどうなのでしょうか。また、これからどのような治療をしていけばよいのか分かりません。
    投稿者:とみー(女性:東京都) 投稿日:2006.07.20

菌と妊娠
    はじめまして。ご質問させて頂きます。
    先日とても陰部がかゆく婦人科に行きましたところ、おりものが多いので検査
    しますと言われました。結果ようれん菌と言われました。一応子宮癌検査にも
    出して頂いたようでクラス3でした。病院に行ってから妊娠2か月ともわかり
    嬉しい反面不安でいっぱいです。赤ちゃんを授かったのに菌はあるし、クラス
    3で歳検診とのことですし、先日の他の方の子宮癌クラス3の内容は読ませて
    頂いて理解しましたが、赤ちゃんにはリスクはないのでしょうか?赤ちゃんは
    障害などをもたずに健康で育ってくれるのでしょうか?お忙しいと思いますが
    よろしければお返事願います。
    投稿者:マメ(女性:千葉県) 投稿日:2006.06.17

LH注射
    少し気になる事がありますので教えてください。
    去年末から不妊治療をしています。
    その時の検査では異常はなく、ただ少し黄体機能不全気味だと言われました。
    先生が言ってたのはPRG(CLIA)で値は7.4ng/mlでした。
    数ヶ月はHCGの注射だけでしたが、前回LHの注射を初めてしました。
    最初に調べた時からかなり経っていて心配だったのですが、案の定、注射を打たれる数日前に検査した結果をみたら13.8になっていて、問題ないですねと言われました。正常値なのにLHの注射で補充しても大丈夫なのでしょうか?次の周期は生理中もいつもより体温が高かったのですが・・・
    ちなみにLHの注射を打ってから数日間、ひどい腰痛と腹痛が続きました。
    これは薬の副作用なのでしょうか?
    どうか教えて下さい。宜しくお願い致します。
    投稿者:chichama(女性:茨城県) 投稿日:2006.04.30

お願い
    下記に告知しておりますように、現在このQ&Aは一時休止させて
    いただいております。
    再開するまでは、投稿をご遠慮くださいませ。


    また、それ以前に投稿された回答待ちの方はもうしばらく
    お待ち下さい。


                         院長



















    投稿者:院長(男性:奈良県) 投稿日:2006.04.21

どうでしょうか
    こんにちは
    ニキビ治療を現在しています
    クラリシッドとという抗生物質のくすりを飲んでます
    飲んでいる途中 妊娠に気がつかなかった場合は影響はありますか?
    皮膚科のDRからは 妊娠は避けたほうがいいとは言われてますが・・・。
    投稿者:いちご(女性:東京都) 投稿日:2006.04.20

子宮内膜の厚さについて
     30歳。初潮以来,生理不順はほとんどありません。黄体機能不全,子宮内膜症で治療中です。多のう胞ぎみと言われています。(生理3日目のFSHとLHの逆転はありません。負荷試験はしていません。)今回FSH製剤の注射にて,排卵誘発しタイミング指導を受けました。月経周期8日目の子宮内膜の厚さが7ミリ,月経周期15日目の排卵直前の厚さは17ミリと言われました。内膜が厚すぎるのではないかと心配になりました。主治医からは何も言われていません。多数の卵胞が育ち,排卵直前のエストロゲン値は2000もあったため,それに反応して,子宮内膜が厚くなっただけなのでしょうか?今まではクロミッドを使用し,排卵直前で10ミリ〜11ミリだったと思います。(排卵誘発をしない周期でも10ミリくらいだったと思います)3か月前に少量の不正出血があり,内膜の細胞診を受けましたが,陰性でした。それ以来不正出血はありません。
    投稿者:じゅん(女性:新潟県) 投稿日:2006.04.15

排卵と今後の治療
    はじめまして。こんにちわ。
    お忙しいとは存じますが回答お願いいたします。
    先日、カンジタになり膣錠剤を1週間いれ完治しました。
    その時、一緒に子宮がん検査もし、結果?Rということで、
    再検査に行ってきました。内診で排卵チェック?もしてくれていたみたいで、
    「排卵が近いのでHCG注射を打ちます。明日とあさって頑張ってくさだい。
    プロゲストンも処方します。」
    といわれました。
    私は妊娠希望とは言っていないのですが・・・
    (希望なので結果よかったのですが)
    このように今後の治療の確認、私に何の質問もされないまま排卵の話になりました。
    少し不信感を抱いてしまったのですが、ごく普通のことなのでしょうか?
    それとも根本的に妊娠しづらい体だったのでしょうか?
    1ヵ月しか図れていない基礎体温表を持参しました。
    高温期前半にすこしだけ体温が下がっています。
    このせいでしょうか??
    (7ヶ月避妊なし。妊娠できていません。)
    これはもう、不妊治療になるのですか?
    今後の治療方もなにも聞かされていないのですが、文章から理解できる範囲で教えて頂けませんでしょうか。。
    わかりづらいかとは思いますが、宜しくお願い致します。


    投稿者:ちき(女性:奈良県) 投稿日:2006.04.15

Q&Aの一時停止
    HPリニューアルの作業に取りかかりますので、
    しばらくの間、Q&Aを休止させていただきます。


    よろしくお願いいたします。


    PS 多数の患者さんより、私の体調不良へのお気遣いが
      ありましたが、見てのとおり元気にやっておりますので
      ご安心ください。
      
      




                 2006年4月1日   院長

























    投稿者:院長(男性) 投稿日:2006.04.01

熱が出る
    前周期は、高温期になった時、熱が出て38度ぐらいです。今周期は高温期になった時と生理前にすごい熱38度以上が出て、約1週間経つのですけど、まだ完全に治りません。ホルモン注射をした時に、熱が、出たりしています。この場合どういうことが、考えられますか?やはり注射が原因でしょうか?
    投稿者:さんぼ(女性:東京都) 投稿日:2006.03.29
Re: 熱が出る
    黄体ホルモン剤を使用する周期では、自然周期に比して高温になることはあっ
    ても、通常は38度を超えることはありません。何らかの感染症を併発している
    可能性はないのでしょうか?

    まずは一旦、服薬を中止して発熱が無いことを確認する必要があります。それ
    でも熱が続く場合には、婦人科的あるいは内科的に原因を究明してゆくべきで
    しょう。
    黄体機能不全でなければ、必ずしもこうした服薬や注射は必要ありませんの
    で、黄体ホルモン値を検査した上で、必要性につき検討してもらってくださ
    い。
    投稿者:院長(男性:奈良県) 投稿日:2006.04.25

教えてください
    私は平成15年に第1子を産みました。
    妊娠中にずっと逆子だったため、帝王切開による出産でした。
    以前は生理の出血は4,5日で終わっていましたが、産後はだらだらと続くようになりました。(日が経つに連れて微量になり、褐色にはなるのですが、2週間近くナプキンをしている状態です。)
    第2子がなかなか出来ないため、昨年秋にホルモンクリニックを受診して不妊治療のための一通りの検査をしました。唯一異常が認められたのは、卵管造影検査の写真でした。子宮の一部に変な形のくぼみが出来ていました。担当医の話では元々ではなくて、帝王切開の縫合により出来たものだということでした。現在タイミング法で治療しているのですが、超音波で見ると生理の後そのくぼみの部分に血液が溜まってそれが徐々に汚物として出てくるようです。担当医には排卵の時期に子宮がきれいになっていないからうまく受精・着床しないのでは?と言われています。
    近いうちに人工授精をするつもりですが、妊娠出来る可能性はあるのでしょうか?帝王切開の縫合が原因で不妊を悩んでいる人って今まで聞いた事がないのですが、これは医療ミスなのでしょうか?それとも仕方のないことなのでしょうか?子供が出来ない事もですが、生理がだらだらと続く身体になってしまった事にとてもショックです。
    投稿者:みれいママ(女性:山口県) 投稿日:2006.03.27
Re: 教えてください
    帝王切開術を受けた人が皆、不妊症になる訳ではありませんが、こうした手術
    が不妊の一原因になる可能性があると私は考えます。

    手術の際には子宮の前壁を切開するのですが、この部分の傷の治りには個人差
    が大きいため、脆弱になることが指摘されています。一度帝王切開術を行った
    場合には、次回の出産も帝王切開術が行われることが多いのは、陣痛による子
    宮破裂が起こることを避けるためです。

    帝王切開術を受けた人の多くは、超音波検査で子宮を観察すると、多少なりと
    も傷が残っているのが分かります。切開部が完全に癒合しない場合、子宮内腔
    から外に向かって傷が離開しているのが分かります。またこの部分で極端に子
    宮が後方に倒れている(後屈)こともあります。

    こうした人では月経が終わった後にも茶褐色〜赤色(薄いコーヒー色)のオリ
    モノが続くことを経験します。この出血は排卵まで見られ、高温期には止まる
    のですが、これはおそらく子宮内膜の増殖に伴って傷の部分から出る微小な出
    血があり、流れて出てくるものだと考えられます。この出血が子宮内に逆流し
    てプールされる場合、着床に何らかの悪影響を及ぼす可能性はあるでしょう。
    しかし根本治療はないため、通常通りのステップアップ治療を行って結果を待
    つしかありません。ホルモン剤を負荷することで出血が止まることもあります
    ので、色々と工夫してみるのが良いでしょう。

    こうした子宮の「後遺症」は不可抗力であり、医療ミスにはなりません。出血
    と不妊の因果関係を立証することもできませんし、帝王切開術に一定の確率で
    起こりうる合併症として広く認知されている訳でもありませんので、医師側に
    過失を追求することもできないでしょう。
    投稿者:院長(男性:奈良県) 投稿日:2006.04.25

治療法について
    この間は質問に答えて頂き有難うございました。あれから不妊専門の病院に転院し、排卵誘発剤も増量になりました。さて今回も質問なんですが、不妊専門病院では生理不順があり、主人の精液検査(1回)やフーナーテストもいまいちであったため今後は人工授精の方向も視野に入れてと説明を受けました。生理不順であっても排卵誘発剤を使わず漢方で同じような効果は期待出来ないのでしょうか?また、知り合いの鍼治療の先生は薬を使わず時間が掛かっても自然に排卵するのを待ってみてはと言われましたが先生でしたらどのようなお考えがあるのかお聞かせください。
    投稿者:葵(女性:東京都) 投稿日:2006.03.23
Re: 治療法について
    多嚢胞性卵巣などの排卵障害に対しては、桂枝茯苓丸などの漢方の有用性が従
    来より報告されてきました。しかしその効果には個人差があり、また即効性が
    期待できるものでもありません。

    多くの患者さんにおいて「漢方→歓迎 誘発剤→反対」といった傾向が見られ
    ますが、これはできるだけ自然に近い妊娠を望む気持ちの現れでしょう。しか
    し、「漢方→身体に優しい→良い治療」であるかどうかについては、疑問で
    す。身体に負担が無くても、効果がなければ何の役にも立たないからです。

    葵さんの治療の段階を考えると、ここからステップダウンをするのは賢明では
    ありません。少々治療が辛いかも知れませんが、思い切ってステップアップを
    して、早く妊娠するべきです。
    目標は「妊娠」ではなく、「子育て」です。不妊治療に貴重な時間と労力を費
    やし過ぎるのは望ましいことではないと私は考えます。
    投稿者:院長(男性:奈良県) 投稿日:2006.04.25

海外での不妊治療
    こんにちは。4月で31歳になります。

    結婚6年目ですが、結婚してから数年は仕事の関係で避妊していました。
    夫の駐在に伴ってイギリスに転居し、それと同時に避妊をやめて1年半が経ちますがまだ妊娠に至りません。
    避妊をやめて1年たった時点でこちらの病院に行き、血液検査3回と精液検査を行いましたが異常ありませんでした。その後、日本に一時帰国(1ヶ月間)した際に日本の病院で
    ・子宮頚管細菌・クラミジア検査
    ・子宮頸がん検診
    ・ホルモン検査(採血)
    ・卵胞観察(経膣超音波)
    ・子宮頚管粘液検査
    ・子宮内膜超音波検査
    を行い、問題ありませんでした。

    その後またこちらの病院に行って、日本で上記の検査をしたことと卵管造影をしていないことをドクターに話したら、半年様子を見てそれでも出来なかったらラパロを行う、と言われました。
    英語力不足でラパロが何か把握できずに帰ってきてしまったのですが、後からネットで調べて、卵管造影をしていないのにいきなりラパロということがあるのかと不安になっています。

    イギリスとはいえロンドンからは遠く離れた田舎町のため、病院が一つしかありません。完全予約制で次の予約まで(7月)ドクターに会うことが出来ません。次の面会のときまでに準備して、その辺をもう一度確認するつもりではありますが、このラパロを薦められるがままに受けてしまっても良いのか、他に確認した方が良いことはあるのか、ご指導いただければと思います。

    どうぞよろしくお願い致します。
    投稿者:magnolia(女性:日本国外) 投稿日:2006.03.17
Re: 海外での不妊治療
    海外での不妊治療は本当に大変ですね。イギリスは不妊治療については先駆的
    なイメージがありますが、片田舎となると、、やや不安があります。

    不妊原因を調べる腹腔鏡検査の歴史は比較的長く、日本でも従来から行われて
    きました。子宮や卵巣・卵管の状態は超音波検査や卵管造影検査を行えば、あ
    る程度の情報は得られますが、癒着や卵管の細部などについては、手に取るよ
    うにわかることはありません。これらの検査で指摘されないが、腹腔鏡検査に
    よって初めて判明する子宮内膜症や卵管の異常などが存在することを経験しま
    す。

    しかしだからと言って、全身麻酔と入院が必要となる「手術」を、全ての患者
    さんに対して行うべきかどうかは意見の分かれるところです。
    子宮筋腫や卵巣嚢腫、とりわけ不妊と関連の強い子宮内膜症のある方において
    は、腹腔鏡検査は、これらに対する治療も兼ねており有用なものです。侵襲を
    伴った検査を受けるには、こうした見返りがなくては、なかなか決心できない
    と言って良いでしょう。

    さて、magnoliaさんが日本において受けられた検査は、それを全てクリアする
    のが前提条件となるものばかりです。あとは卵管造影を残すのみですが、海外
    では比較的気軽?に腹腔鏡検査が薦められることが多いようです。我々の感覚
    としては卵管造影→腹腔鏡検査の順序が妥当と思われるのですが、腹腔鏡検査
    は卵管造影以上に卵管の状態を詳細に把握することができるため、必ずしも事
    前に済ませておく必要性が無いと考えられているのかも知れません。実際に腹
    腔鏡検査の際には、術中に卵管に色素を流して通過性の確認が行われます。

    担当医は腹腔鏡検査を単なるルーチン検査として考えているのか、あるいは不
    妊原因の存在を疑っていて、それを実証したいがために、あなたに薦めている
    のかについては十分にコミュニケーションを取って確認する必要があるでしょ
    う。
    投稿者:院長(男性:奈良県) 投稿日:2006.04.25


 投函件数:912件 そのうち121件を表示しています 



ASKAの不妊治療不妊治療の心得診療時間アクセス方法不妊治療Q&A

トップページに戻る

〒631-0001 奈良市北登美ヶ丘3-3-17 Phone:0742-51-7717お問い合わせ

Copyright 2003 ASKA Ladies Clinic. All Rights Reserved.