医療法人平治会 ASKAレディースクリニック

クラミジア感染症は今や性感染症(STD)の中で最も頻度の高い疾患です。梅毒や淋病とは違い、風俗に限らず高校生から主婦にまで幅広く見られます。歓楽街を越えて一般家庭にも蔓延しているこの現状はSTDとしては過去に類を見ないほどの危機的状況といえましょう。
若年層で10〜15%、妊婦で5%、風俗従事者で40%〜という極めて高い感染率を見ると決して他人事ではないと誰もが思うはずです。社会へ与える影響を考えるとHIVなどよりも問題は深刻であるようにさえ思えます。

クラミジアの感染様式
クラミジアの病原体は細菌などとは違った属に分類されます。トラコーマやオウム病などもクラミジアによる疾患です。性感染症として重要なのはクラミジア・トラコマティスです。
感染様式は感染している者との性交感染(オーラルでも感染)です。性交以外の日常生活で感染することはありません。従って「感染している=うつされた」と考えてください。
「いつどこで感染したのか」といった話は突き詰めてゆくと「夫婦のもめネタ」に発展するので外来では軽く流されることが多いかと思います。

クラミジアの症状
初発症状は軽微な事が多く、男性で尿道炎による排尿痛、女性で子宮頸管炎によるオリモノの増加程度にとどまるため、発見が遅れることも多いと思われます。「子宮頸管炎」は上行性に感染が広がり卵管へと波及すると「卵管炎」、そしてさらには「骨盤腹膜炎」へと進展します。卵管炎は不妊症や子宮外妊娠の原因として重要です。

クラミジアの診断
検査法にはクラミジアを直接検出する「抗原検査」と、間接的に調べる「抗体検査」とがあります。前者はクラミジアの病原体の一部を検出する方法であり、これが陽性であることはクラミジアが存在していることを意味します。この抗原検査ができるのは実際に罹患部位から検体を採取できる場合に限られます。即ち、子宮頸部の細胞や尿を用いた検査がこれに相当します。
一方、後者は血液検査により「抗体」の有無を調べるものです。「抗体」とは細菌などに感染した際に身体が作り出す免疫ですが、この抗体により感染の有無を判定する方法です。
多くのウイルス感染症では一度罹患すると生涯にわたり抗体が血液中に存在するため、抗体の存在は「過去の感染」を意味します。感染時期を判定するためには抗体をいくつかのグロブリン分画に分けて測定する手法を用いて、「現在の感染」なのか「感染の既往」なのかを判定することが一般的です。しかしクラミジア感染では抗体の分画検査により感染時期の推測を行うことは難しいとされます。
さらに子宮頸管に感染したクラミジアは徐々に上行性に移行するため、頸管部の抗原検査では検出できなくなることがあり判定はより難しくなります。従って、正確な診断には抗原と抗体の両方の検査を組み合わせることが必要です。
二つの検査の組み合わせと、その解釈は以下のようになります
(ただしこれは目安です)
組み合わせ
解釈
他人への感染性
抗原陽性+抗体陽性
子宮頸管への感染があり、さらに卵管などに広がっている可能性がある
感染性あり
抗原陽性+抗体陰性
子宮頸管への感染はあるが、そこにとどまる。
感染性あり
抗原陰性+抗体陽性
子宮頸管への感染はないが、卵管などに広がっている可能性がある。もしくはその既往がある。
感染性なし
抗原陰性+抗体陰性
現在も過去も感染していない。
感染性なし

不妊症とクラミジア
不妊患者では2〜3割でクラミジア検査陽性であるとの報告があります。クラミジアによる頸管炎は排卵期のオリモノの分泌を減少させ(頸管性不妊)、卵管炎は卵管の閉塞や癒着を引き起こします(卵管性不妊)。

治療方法
クラミジアには有効な薬剤があり、治療効果はすみやかです。頸管炎であれば7〜10日間の服用で陰性化します。有効な薬剤はマクロライド系とニューキノロン系であり、前者は妊婦にも使用できます。ただし最近は耐性菌も出現しているとの報告があります。

ASKAの不妊治療不妊治療の心得診療時間アクセス方法不妊治療Q&A

トップページに戻る

〒631-0001 奈良市北登美ヶ丘3-3-17 Phone:0742-51-7717お問い合わせ

Copyright 2003 ASKA Ladies Clinic. All Rights Reserved.