医療法人平治会 ASKAレディースクリニック

プロラクチンは脳下垂体前葉から分泌される乳汁分泌を促すホルモンですが、非妊時にも分泌されておりその詳細については十分解明されていません。月経不順(排卵障害)や黄体機能不全、流産の原因になるとも言われ、また最近では卵の発育や成熟、受精に関与する作用も報告され、生殖の様々な局面に係わるホルモンであると考えられています。

高プロラクチン血症の症状
女性:無月経 月経不順 黄体機能不全 乳汁漏出(分泌) 乳房緊満
男性:性欲低下 インポテンス(ED)
高プロラクチン血症の原因
1)生理的:乳頭刺激 妊娠 産褥 ストレス
2)内科的:プロラクチン産生下垂体腺腫 先端巨大症 クッシング病
      原発性甲状腺機能低下症 腎不全 多嚢胞性卵巣症候群
3)薬剤性:
(胃薬)H2ブロッカー(ガスター、タガメット)、ドグマチール
(制吐剤)プリンペラン、ナウゼリン
(向精神薬)
・メジャートランキライザー:ウインタミン、コントミン、メレリル、レボトミン、ノバミン、PZC、セレネース
・マイナートランキライザー:セルシン、セレナール、レキソタン、アタラックス、コントール
・抗うつ剤:トフラニール、イミドール、リーマス、ドグマチール
(その他)避妊ピル

高プロラクチン血症の治療
 正常値3.4〜24.1
プロラクチン値
検査・治療の目安
24.1〜50
期間をあけて再検査。症状がある場合には内服薬処方。
50〜100
期間をあけて再検査。内服薬処方。
100〜
下垂体腫瘍検査(MRI)にて異常がなければ内服処方。定期検査
まずは内科的、薬剤性の高プロラクチン血症を除外診断した上で、以下の方針で対応します。 

軽度の上昇(PRL:24.1〜50)  
当院においても軽度の高プロラクチン血症を示す患者さんは多く、乳汁分泌が見られるか排卵障害がある場合には治療薬である「テルロン(カバサール、パーロデル)」を服用してもらいます。症状がなければ定期的な検査のみで経過観察することもあります。

中等度の上昇(PRL:50〜100)
期間をあけての再検査で上昇傾向がみられる場合には下垂体腫瘍検査(MRI)を行います。
症状の有無を問わず、内服治療を行います。

重度の上昇(PRL:100以上)
まず下垂体腫瘍検査(MRI)を行います。異常がなければ内服治療を行い慎重にフォローします。

この「検査・治療の目安」は絶対的な基準ではありません。産後の授乳を継続しながら妊娠される方や、中等度の上昇があっても妊娠される方も多いため、その取り扱いについては個々に対応を検討しているのが現状です。下垂体腺腫が見られない多くのケースでは薬物療法で経過を観察することになりますが、この際どこまでプロラクチンを低下させるかの「目標値」については、はっきりとした基準がありません。症状がなければ放置することもありますが、一旦は薬物治療を行い、何らかの良い変化が起こるかどうかを観察することにしています。しかし服用を止めると再上昇することも多く、また服用していてもあまり低下しない方もおられます。
このような方では定期的に血液検査を行って、経過観察することにしています。

下垂体腺腫
プロラクチンが100以上の高値を示す場合には、まれに「プロラクチン産生下垂体腺腫」の可能性があるためCTやMRIなどの画像検査で鑑別診断を行うのが一般的です。この下垂体腺腫では視神経がその近傍を走るため圧迫症状による視覚障害が見られることがあり、無月経、不妊症が随伴症状とされます。下垂体腺腫が見つかった場合にはその大きさや症状により手術や薬物療法を検討します。
また妊娠に伴い腫瘍のサイズが増大する可能性があるため注意が必要です。この場合には内服治療を続けながら妊娠を継続することになります。下垂体腺腫を合併する不妊症の方がテルロンを服用することで妊娠できた場合には、その後も十分注意して腫瘍サイズをフォローする必要があるのです。

ASKAの不妊治療不妊治療の心得診療時間アクセス方法不妊治療Q&A

トップページに戻る

〒631-0001 奈良市北登美ヶ丘3-3-17 Phone:0742-51-7717お問い合わせ

Copyright 2003 ASKA Ladies Clinic. All Rights Reserved.