奈良県・大阪府・京都府 特定不妊治療助成金指定医療機関

不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

 0742-51-7717

〒631-0001 奈良市北登美ヶ丘3-3-17

 0742-51-7717

〒631-0001 奈良市北登美ヶ丘3-3-17

胚培養士のお仕事

胚培養士のお仕事

培養室での胚培養士の仕事は、精液の検査と処理(人工授精、凍結保存)、卵子の操作(検卵、顕微授精)、受精卵の操作(培養、凍結保存)、データ管理など多岐にわたります。

毎朝7時には出勤しその日の準備に取りかかります。受精卵の培養に休みはないため作業は年中無休です。検体の取り違いが起こらないように安全確認が重要なため、全ての段階において確認作業は2人体制で行われます(ダブルチェック)。

精液検査 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

精液検査

一般精液検査では、精液の量、精子濃度、精子運動率、精子正常形態率、直進運動性、総運動精子数、SMI(sperm motility index)、混入する白血球数、赤血球数の項目を検査しています。

 

精液処理の風景 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック 精液処理の風景 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

精液処理の風景

人工授精や体外受精、顕微授精に使用する精液の処理中は必ず2人のスタッフでダブルチェックを行い、取り違えがないよう安全に作業しています。

 

採卵直後の卵丘細胞に囲まれた卵子 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック 検卵風景 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック 検卵風景 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

検卵風景

体外受精、顕微授精で採卵した卵胞液中から卵子を回収しています。
卵子の成熟度や異常卵の有無が確認されます。
※採卵直後の卵丘細胞に囲まれた卵子

 

顕微授精風景 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

顕微授精風景

顕微授精では卵子の中に精子を注入して授精させます。この際に用いるのは極めて細いガラスピペット(4.5マイクロメートル:1マイクロメートルは1ミリメートルの1000分の1)です。

 

受精卵 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

受精卵

胚移植前の受精卵の最終確認をしています。

 

更新日:

Copyright© 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック , 2018 All Rights Reserved.