▲TOPへ戻る

スタッフ紹介

医師

 

院長 中山 雅博(なかやま まさひろ)

院長 中山雅博

 履歴

 1992年 奈良県立医科大学卒業
済生会富田林病院 医員
 1995年 奈良県立医科大学 新生児集中治療室 助教
奈良県立医科大学 産科婦人科学教室 助教
奈良県立医科大学 生殖医療に従事
 2001年 大阪府呼吸器アレルギーセンター 主任
 2003年 現職

 取得資格

  日本産科婦人科学会専門医
  母体保護法指定医

 所属学会

  日本生殖医学会
  日本受精着床学会
  日本産科婦人科学会
  日本内分泌学会
  日本遺伝カウンセリング学会
  日本抗加齢医学会
  日本婦人科内視鏡学会

 趣味

  釣り

 

医師 重富 洋志(しげとみ ひろし)

医師 重富洋志

 履歴

 2003年 奈良県立医科大学卒業
 2004年 星ヶ丘厚生年金病院 医員
 2006年 奈良県立医科大学 産科婦人科学教室 医員
 2010年 奈良県立医科大学 腫瘍センター 助教
 2012年 奈良県立医科大学 産科婦人科学教室 助教
 2017年 ASKAレディースクリニック 医員

 取得資格

  日本産科婦人科学会専門医
  臨床遺伝専門医
  日本超音波学会専門医
  母体保護法指定医

 所属学会

  日本生殖医学会
  日本産科婦人科学会
  日本超音波学会
  日本人類遺伝学会
  日本周産期・新生児医学会

 趣味

  マラソン

 

培養士

ASKAレディースクリニック培養室について

私ども、ASKAレディースクリニック培養室の主な業務は、人工授精、体外受精の実施にあたり、患者様の精子、卵子、胚(受精卵)を厳重に管理しながら、適切な処理を行うことです。
業務遂行にあたり、私どもは、①安全性の重視、②不妊治療に対する情熱、③技術力といった3項目に重点をおいております。

① 安全性の重視

不妊治療において、精子、卵子の取り違えは、われわれが最も起こしてはならないミスであります。この取り違えを防ぐために、培養士、一人一人が、常に集中し、細心の注意を払いながら処理を行うことはもちろんですが、実際、それだけでミスを100%予防出来るとは言い切れませんし、患者様としても、このような体制ですと一抹の不安が残ると思われます。
よって、当培養室では、常に複数の培養士を常勤させ、取り違えの起こりうる場面、すなわち、複数の精子、卵子を同時に取り扱う場面に、常に二人の培養士でそれぞれの処置を監視しあうダブルチェック体制をとっています。個々の培養士が細心の注意を払った上で、さらに、ダブルチェック体制を導入することにより、取り違えのミスは限りなくゼロに近くなると思われます。
また、精子、卵子に直接接触する培養液等の安全性につきましては、出来るだけ使用歴史が長く、安定した成績の出せるものを用いております。

② 不妊治療に対する情熱

高度なレベルで治療を行う上で、個々の培養士の情熱が重要なのは言うまでもありません。私どもは、一時でもはやく患者様にご自分のお子様を抱いていただきたいと常に願っております。
私どもの知識および技術レベルを向上させ、いつでも患者様のお役にたてるよう、ミーティングや、患者様ごとの症例検討会を定期的に開催し、お互いの知識および意見を交換して日々の治療に努めております。

③ 技術力

当培養室のスタッフは、大学の研究室で最先端のバイオテクノロジー、バイオサイエンスを学んだ農学部出身者と、医療検査のスペシャリストである臨床検査技師で構成されています。胚培養を安全かつ適切に行うには、両者とも重要な人材で欠けてはならない存在です。両者が手を取り合い、バランスよく1つのチームとして機能することで、より高い医療技術レベルに到達できると考えています。
また、技術レベルの維持に関しては、教育体制が重要となりますが、当培養室では、複数の胚培養士が1人の新人に対し、約2年という月日をかけて、各技術項目をひとつひとつ適切に評価しながら教育しています。このように、教育期間を充分用意することにより、個々の培養士の技術レベルを再確認することになり、当培養室の技術レベルが均質化すると思われます。
ただし、均質化するといっても高いレベルでなければいけませんし、発展性を損なうものであっては意味がありません。私どもは、生殖医療に関する学会に積極的に参加・発表するのはもちろん、最先端の知識・技術にも目をむけ、その習得に対し努力を惜しみません。

 

培養室長 今野 彰

培養室長 今野 彰

 履歴

 1994年 神戸大学 農学部 畜産学科卒業
 1997年 神戸大学大学院 自然科学研究科卒業(応用動物学専攻)
越田クリニック培養室勤務
 2002年 准看護師免許取得(男性不妊外来の診察介助目的)
 2010年 ASKAレディースクリニック

 取得資格

  日本不妊カウンセリング学会認定不妊カウンセラー
  日本卵子学会認定胚培養士
  准看護士免許

 

 

培養士 笠井 真子

培養士 笠井 真子

 履歴

 2004年 近畿大学 生物理工学部 遺伝子工学科卒業
 2006年 近畿大学大学院 生物理工学研究科 生物工学科卒業
山下レディースクリニック
 2011年 ASKAレディースクリニック

 取得資格

  日本卵子学会認定胚培養士
  日本カウンセリング学会認定 体外受精コーディネーター

 

 

培養士 山田 昌宏

培養士 山田 昌宏

 履歴

 2011年 大阪医療技術学園専門学校 臨床検査技師科卒業
ASKAレディースクリニック

 取得資格

  日本卵子学会認定胚培養士
  日本バイオ技術教育学会認定バイオ技術者(中級)
  危険物取扱者乙4類

 

 

培養士 久保 志穂美

培養士 久保 志穂美

 履歴

 2016年 大阪医療技術学園専門学校 臨床検査技師科卒業
ASKAレディースクリニック

 取得資格

  日本バイオ技術教育学会認定バイオ技術者(中級)

 

 

培養士 吉村 文伽

培養士 吉村 文伽

 履歴

 2016年 近畿大学 生物理工学部 遺伝子工学科卒業
久永婦人科クリニック
 2017年 ASKAレディースクリニック

 

 

培養士 植松 亜美

培養士 植松 亜美

 履歴

 2015年 群馬大学 医学部 保健学科検査技術科学専攻卒業
 2017年 群馬大学大学院 保健学研究科博士前期課程修了
ASKAレディースクリニック

 

受付

受付

竹内 恵美子(主任)

荒木 しのぶ(副主任)

向井 美喜

谷川 恭子

元井 陽子

上西 美貴奈

生田 綾子(医療事務)

中山 賀代(医療事務)

 

 

看護師

一庵 昌代(師長)不妊症看護認定看護師

永曽 麻里江(主任)不妊症看護認定看護師

矢野 香(副主任)
 日本生殖医療心理カウンセリング学会認定生殖医療相談士
 日本カウンセリング学会認定不妊カウンセラー

阿比留 のり代 不妊症看護認定看護師

藤本 昌子

山田 真由美

北川 かおり

村田 優子

久保 仁子

鈴木 良美

トップページに戻る