医療法人 平治会 ASKAレディースクリニック

初めて不妊クリニックを受診される方へ
当院を受診される患者さんのおよそ9割は不妊症(不育症)で、それ以外はホルモン外来の方です。一般婦人科検診やお腹の大きな妊婦さんの健診は行っておりません。
週末にはご夫婦で来院され説明を受けられる方が大勢おられます。お仕事の都合がつきましたら、是非お二人でお越し下さい。
産婦人科医院を受診すること自体が初めてという方も多いので、診療の流れについて簡単に解説します。

初診について
1.初診は予約制です
お電話にて早めにお取り下さい。
予約:0742-51-7717(受付時間は診療時間内)
#当日の予約は混雑するため、お取りできないことが多くあります。

2.他院からの転院・紹介の方
紹介の場合には、紹介状を忘れずに持参してください。
転院の場合の紹介状は、可能なら書いてもらってください。

3.持参していただくもの
健康保険証と、記録されている方は、基礎体温表(電子体温計)を持参してください。治療費はおおむね保険が適応されますが、一部自費となるものがあります。

4.待ち時間について
当日の待ち時間は診療状況によりますが、30〜90分を目安にしてください。混雑している場合(特に土日は)、待ち時間が2時間を超えることがあります。

初診の流れ
1.初診受付
「初診問診票」「不妊症問診票2」「アンケート」を記入していだきます。
過去に治療を受けられた方は「問診票2」をできるだけ詳しく記載してください。ご夫婦の治療に対する考え、要望があれば記載して頂くと参考になります。

#精液検査
ご夫婦で受診された場合、当日の「精液検査」を希望されるかどうかをお尋ねいたします。希望があれば、待ち時間を利用して検査を行うことができます。

2.診察室にて問診を行います
問診の後、検査・治療の概略について説明します(5〜10分)。

3.内診室にて診察を行います
超音波検査と希望者に子宮癌検診を行います。
(初診でいきなり痛い検査をすることはありません)

4.再び診察室にて診察の結果と今後の方針を説明します(5〜10分)
問診:月経歴、妊娠歴、治療歴をお伺いします。
内診:オリモノの状態や、子宮口の状態を観察します。
超音波検査:子宮や卵巣の異常の有無を確認し、また卵胞の発育を調べます。
癌検診:子宮頸癌の検査をお奨め致します(40歳以上の希望者には子宮体癌も実施)。
血液検査:下垂体および卵巣のホルモンおよび抗核抗体、抗精子抗体などを測定します。

#子宮体癌の検査は頚癌に比べて、若干の痛みを伴います。

初診の時期と診察項目

内診
超音波検査
癌検診
血液検査
精液検査
月経時
(3〜5日目)




低温期の項目

低温期
(月経後〜排卵前)





高温期
(排卵後〜月経前)




高温期の項目


オールアバウトから取材を受けました
・ASKAを受診された方の声がウィメンズパークに掲載されています

ASKAの不妊治療不妊治療の心得診療時間アクセス方法不妊治療Q&A

トップページに戻る

〒631-0001 奈良市北登美ヶ丘3-3-17 Phone:0742-51-7717お問い合わせ

Copyright 2003 ASKA Ladies Clinic. All Rights Reserved.