医療法人 平治会 ASKAレディースクリニック

帝王切開後の不妊症

帝王切開術で出産された方が、その後に不妊症になるケースが散見され、近年注目されています。
手術の際に切開した子宮の傷(切開創)の治りが不完全であると、その傷口から微量の出血が続き、それが子宮内に溜まって妊娠を妨げるのが原因で、このような病態を“帝王切開術後瘢痕(はんこん)症候群“と呼んでいます。

胎児の頭が産道に深く侵入した状態で行われた帝王切開術の場合、子宮筋の切開部位の完全な修復は難しいことがあります。“一度、帝王切開をしたら、次も帝王切開“ と言われる理由は、不完全に治癒した傷が陣痛により裂けてしまう”子宮破裂“が起こる可能性があるからです。

この傷の治りには個人差があり、きれいに修復されている場合も多いのですが、そうでない場合もあります。こうした子宮を超音波検査で見ると、子宮内部から子宮表面に向かってクサビ型に傷が開いているのが分かります。この部分では排卵に向けて子宮内膜が増殖するにつれて出血が起こります。出血は微量のため、膣外に出て来る頃には帯下に混ざって茶色(コーヒー色)に変わっていて、鮮血の状態で出ることはありません。この出血は排卵後には消えてゆくため、単に月経が長引いているだけと思っている方も多く、産婦人科を受診されません。
子宮内に出血がたまる場合、精子はこの血液内を泳ぐことになり、運動性が低下します。また排卵後にもたまっている場合、受精卵の着床を妨げる要因となります。

帝王切開後、数年経っても妊娠しない
月経が終わってからもコーヒー色の帯下が続く
出産後、生理痛が強くなった
これらの症状がある方はご相談ください。

瘢痕がある方でも自然に妊娠される場合もあり、全ての人に治療が必要とは限りませんが、不妊症となった方にはいくつかの対策があります。

手術療法
 瘢痕となった部位を切除して、改めて縫い合わせる手術です。

洗浄人工授精
 排卵日に子宮内に溜まっている血液を洗浄吸引した後に、精子を子宮内に注入する方法。

体外受精
 凍結保存された受精卵を子宮内に出血が溜まっていない状態を見計らって移植する方法。

しかし瘢痕症候群に対しては、その発生率や不妊になる率など全容がつかめておらず、従って統一された治療法も確立しておりません。
程度には個人差があるため、個々に対応しているのが現状です。

 


ASKAの不妊治療不妊治療の心得診療時間アクセス方法不妊治療Q&A

トップページに戻る

〒631-0001 奈良市北登美ヶ丘3-3-17 Phone:0742-51-7717お問い合わせ

Copyright 2003 ASKA Ladies Clinic. All Rights Reserved.