医療法人平治会 ASKAレディースクリニック


排卵誘発法について
排卵誘発剤は、本来は排卵のない人に使用されますが、正常に排卵している人に使用しても効果があり、妊娠率の上昇が期待されます。排卵誘発法は不妊原因が不明で、自然排卵タイミング法によっても妊娠に至らない場合に試してみる価値のある治療法です。副作用もありますので、有用性が上回る場合に使用を続けます。

クロミッド錠
成分名
クエン酸クロミフェン
薬価
1錠120円(保険3割負担なら、40円程度)
服用方法
月経周期の3〜5日目から開始。1日1〜3錠×5日間服用。
成熟卵胞(卵胞径18〜23mm程度)になれば、最後にHCG製剤を注射して排卵させます。HCG製剤を投与しないと卵胞はそのまま大きく育ってゆき、過熟卵(質の低下)となってしまいます。
クロミッドは身体に対する負担の少ない排卵誘発剤です。産婦人科医院で頻繁に処方される極めてポピュラーな薬剤です。比較的気軽に服用できますが、特有のクセもあるため、処方に際して細かい配慮を怠ると、かえって妊娠しにくい副作用が出ます。

クロミッド類似薬
クエン酸クロミフェン製剤
セロフェン、フェミロン、スパクロミン
シクロフェニル製剤
セキソビット

メリット
排卵数が増えます
自然周期では1個ですが、クロミッド周期では2〜4個の排卵が見られます。
ただし1個の時も多いです。

卵子の質が改善します
排卵させる時期によって、卵子の成熟度を調整できます。

性交渉のタイミングが合わせやすくなります
排卵日を調整することによって、性交渉のタイミングが取りやすくなります。

黄体機能が良くなります
黄体ホルモンの分泌が改善します。

月経不順や無排卵が改善します
無排卵の人は排卵します。また月経不順の人も使用中は順調な周期になります。

デメリット・副作用
服用中に起こることがある自覚症状。
頭痛、吐き気、倦怠感、イライラ感、目のかすみ、ほてり
気にならない程度なら心配いりません。
頭痛に対しては、市販の頭痛薬を服用しても結構です。

子宮頸管粘液が減少します
フーナーテストの結果が悪くなり、かえって妊娠しにくくなることがあります。
また性交痛を感じることがあります。エストロゲン(プレマリン錠)の服用で改善します。

多胎妊娠の可能性があります
妊娠した人のうち、5〜10%が多胎(ほとんどが双胎)になります。

子宮内膜が薄くなります
薄くなる場合には、着床障害が起こります。
また月経量が減少します。

卵巣過刺激症候群(OHSS)
たくさん排卵が起こった場合には、排卵後に卵巣が腫大し、腹部の張りや痛み、膨満感を感じます。日にち薬で改善します。

遺残卵胞
卵胞が複数発育した場合、排卵せずに残った卵胞が、翌月に持ち越すことがあります。
月経中の診察で遺残卵胞が確認された場合には、その周期の治療は、お休みします。

排卵関連痛
排卵の前後で排卵痛がみられます(個人差があります)。
排卵前(クロミッド服用中)、排卵時(hCG注射後1〜2日)、排卵後(hCG 注射後3〜5日)。

月経量が少なくなります
月経量が減少し、期間が短くなります。
子宮内膜が薄くなっている場合には、使用の中止を検討します。

不正出血・排卵出血
月経開始前に茶色の出血が見られますが、心配いりません。
排卵期に出血が見られることがあります。

膜様月経
月経時に膜状〜袋状の内膜が出ることがあります。

基礎体温の上昇
服用中には体温が少し上昇します。

黄体化非破裂卵胞
卵胞は発育しているのに、hCGを注射しても排卵せずに残ることがあります。

黄体嚢胞ができやすい
排卵後の卵胞(黄体)が妊娠に伴って大きく腫れることがあります。

その他
帯下の増加

こんなクロミッドの服用は不適切です
自然排卵でのタイミング法を行うことなく、受診後すぐに処方される。

クロミッドが排卵誘発剤であることの説明がなされていない。
何の薬かの説明がなく、「とりあえず、飲んでおいて」と言って処方される。

副作用についての説明がない。
子供がいる人(特に帝王切開術を受けた人)に対する多胎妊娠の説明がない。
帝王切開術を受けた人が多胎妊娠になると、子宮破裂の危険性があります。

排卵のホルモン検査や精液検査、卵管検査を行うことなく、処方される。

定期的な卵胞サイズの計測もなく、基礎体温だけでタイミングを指導される。
適切な時期に排卵に促すHCG製剤の投与がない。

排卵の確認のための診察がない。

排卵月経中に超音波検査で遺残卵胞の有無の確認をしない。
排卵せずに残った卵胞があれば、前周期の古い卵胞が排卵するだけです。

性交後試験(フーナーテスト)を行わない。
子宮頚管粘液が減少する場合には、服用はかえってマイナス。

子宮内膜の厚みを計測しない。

1年以上にわたり、漫然と処方されている。


トップページに戻る

〒631-0001 奈良市北登美ヶ丘3-3-17 Phone:0742-51-7717お問い合わせ

Copyright 2003 ASKA Ladies Clinic. All Rights Reserved.