医療法人平治会 ASKAレディースクリニック


「一人目が妊娠できたのに、どうして二人目が授からないのだろう??」
不妊治療の経験もなく、一人目は自然に授かったものの、第二子ができないという不可思議な状態は“二人目不妊”と呼ばれます。
一人を妊娠出産できたと言うことは、その夫婦の生殖機能に異常がないことが おおむね実証されたと考えてよいはずで、現にほとんどのご夫婦では二人目以降も順調に妊娠できるものです。
一人目を自然に授かった方にとって、不妊治療など夢にも思ってみなかったことであり、「そのうちに妊娠できるはず」と誰もがそう信じて疑わないため、クリニックを受診するのはたいてい出産後3年程経過してからのことになります。出産を経たとは言え、数年の内にご夫婦の生殖機能に何らかの劇的な変化が起こることなどあるのでしょうか?
二人目が出来ない理由について考察してみましょう。

 

「二人目不妊」の特徴

 1.一人目は結婚後早い時期に自然に妊娠している。
 2.不妊症の基本検査を行っても大きな異常を認めない。
 3.実際に不妊治療を開始してもすぐには妊娠に至らない。

 

二人目不妊の原因
 1.排卵の状態

出産を経て月経周期などに変化が起こることはあるものの、急に排卵がなくなることはありません。しかし排卵の“質”には変化が起こっている可能性はあります。この卵子の質の低下とは、具体的には卵子の染色体異常の増加と、卵子細胞質の機能の低下をさします。
加齢に伴う卵子の質の低下は20代後半から始まり、35歳で加速し、40歳以降では深刻な状態となります。しかし40歳を過ぎると妊娠しないという訳でもなく、また産後1〜3年という短い期間で老化が一気に進行することもないと考えられるため、卵子の質の低下が主犯格であると説明するには無理があります。

 

 2.精子の状態

卵子と同様に精子も加齢やストレスによる影響を受けるといわれます。しかし男性には女性の閉経に相当するような大きな生殖機能の変化がないため、何歳を境にして老化が進行するかといった明確な目安はありません。60歳を越えても子供に恵まれる人もおり、個人差が大きいと考えられます。
実際にご主人の精液を検査してみると多くの場合、やはり正常です。一人目を妊娠した時の精液のデータがないため比較はできませんが、精子の減少が不妊の主原因とは言えない場合が多いです。

 

 3.卵管の状態

卵管には“輸送管”としての働きの他に、卵子を卵管内に導く“ピックアッ プ機構“が備わっています。卵管の末端である”卵管采“はイソギンチャクのような構造になっており卵巣から排卵する卵子を捕まえますが、この機構が働かないと卵子は卵管に誘導されず、精子と出会うことはできません。
卵管炎や子宮内膜症、骨盤〜腹部の手術歴がある場合には卵管の癒着や閉塞などが起こりえますが、“ピックアップ障害”はそのような既往がない場合にも起こり得ます。原因の判明しない、いわゆる“機能性不妊症(原因不明不妊症)”の原因として考えられています。

 

 4.性交渉

性交渉のタイミングは妊娠にとっては極めて重要ですが、第一子の妊娠の際に必ずしも厳密にタイミングを合わせていたという訳ではないでしょう。
排卵は1日の現象ですが、射精後の精子は、卵管で数日間は生きているため、実際には“妊娠可能日”は排卵前後に数日間あるとされます。性交渉のタイミングにピンポイントの精度が要求されることはないのです。
とは言え、実際には育児や生活環境の変化により性交渉の頻度は減少する一方です。こうした“社会的不妊”は原因の一つと考えられます。

 

可能性について列挙しましたが、この理解に苦しむ“二人目不妊”については明確な解答はありません。今のところ「もともと妊娠しにくい体質だが、第一子は偶然に授かった」、あるいは「出産後、何らかの理由で生殖機能が低下した」と考えるしかないのでしょう。
確たる原因が判明しない以上、やみくもに治療を進める訳にもゆきません。
そのため実際にはタイミング法から開始することとなるのですが、育児をしながらの通院の手間や、第一子との年の差が開いてしまうことを懸念して、通常より早いステップアップを行うことが多くなります。

 


ASKAの不妊治療不妊治療の心得診療時間アクセス方法不妊治療Q&A

トップページに戻る

〒631-0001 奈良市北登美ヶ丘3-3-17 Phone:0742-51-7717お問い合わせ

Copyright 2003 ASKA Ladies Clinic. All Rights Reserved.