体外受精と顕微授精

高度生殖補助医療(ART)とは

タイミング法から人工授精までの“一般不妊治療”に対し、より高度な生殖技術を用いた体外受精や顕微授精などの治療を“高度生殖補助医療(ART: Assisted Reproductive Technology)”と呼びます。

(注意)体外受精および顕微授精は、医学的にそれ以外の医療行為では妊娠の見込がないと考えられる夫婦に対してのみ実施される治療法です。

体外受精・胚移植(IVF-ET)とは

卵巣に育った卵胞から卵子を取り出し(採卵)、体外において精子と受精させ(媒精)、数日間育てます(培養)。こうして得られた受精卵を子宮内に移植(胚移植)して妊娠させる治療法です。

体外受精の適応

卵管性不妊症
 両側の卵管が閉塞もしくは狭窄しているか、卵管周囲癒着などによるピックアップ障害がある場合。
男性不妊症
 乏精子症、精子無力症のため総運動精子数が少なく一般不妊治療では妊娠できない場合。
免疫性不妊症
 抗精子抗体が陽性のため一般不妊治療では妊娠できない場合。
原因不明不妊症
 不妊原因が判明せず、一般不妊治療を行ったものの妊娠に至らなかった場合。
婦人科疾患の合併
 子宮筋腫や子宮内膜症のため妊娠を急ぐ必要のある場合。
高齢
 卵巣の老化により卵子の質が低下し、妊娠を急ぐ必要のある場合。
重症排卵障害
 排卵誘発剤の使用により、卵巣過刺激症候群や多胎妊娠のリスクが高くなる場合。

顕微授精・胚移植(ICSI-ET)とは

重症の乏精子症や精子無力症のため、精子の受精能力が障害されている場合に、精子を直接、卵子の細胞質内に入れて受精卵を作り、数日間培養した後に子宮内に移植して妊娠させる治療法です。

顕微授精の適応

●乏精子症や精子無力症の程度が強く総運動精子数が少なく、人工授精や体外受精が実施できない場合。
●無精子症のため精巣内精子、精巣上体精子を用いる場合。
●体外受精を予定していたものの、当日の精子の状態が悪い場合。
●凍結保存された精子を治療に用いる場合。
●過去の体外受精の治療で受精障害が判明している場合。

(注意)体外受精や顕微授精の生殖技術は、臨床応用されてまだ歴史が浅い治療法であるため、出生児の身体的、精神的発達に与える短期的な影響や問題点、長期的問題点(後世への影響、たとえば次世代、次々世代)については、現時点では不明である点をご了承下さい。


PAGE
TOP