受精卵と精子の凍結保存について

受精卵凍結保存規約

受精卵の凍結保存は日本産科婦人科学会の会告に従い、当院の定める規定に

基づいて行われます。

1)受精卵の凍結保存および融解胚移植は、原則として戸籍上の配偶者間に

限って行われる医療行為です。事実婚のご夫婦では誓約書が必要となります。

また受精卵は卵を採取した母体にのみ移植され、第三者に対して提供すること

は認められません。

2)受精卵の凍結保存期間は、婚姻の継続期間であってかつ卵を採取した母体

の生殖年齢を超えないものとします。保存期間は原則として最長5年とし、

凍結保存を延長するには1年ごとに更新を行います。

3)凍結および融解操作、長期保存によって受精卵が損傷を受け妊孕性が低下

もしくは失われる可能性があります。

 

4)天災や火災などの不慮の事故で施設が損壊し、保存されている受精卵が損傷

もしくは紛失してしまう可能性があります。こうした場合、当施設は責任を負う

ことができません。

 

5)当院が何らかの理由で閉院もしくは治療の継続が困難となる場合には、

凍結保存されている受精卵は受け入れ可能な近隣の施設へ移送することに

なります。予定された閉院の場合には、事前に告知させていただきます。

 

6)ご夫婦が離婚された場合には、受精卵を移植することはできません。

この場合、受精卵は双方の同意を得て廃棄されます。一方もしくは双方に

連絡が取れない場合、保管期限を越えた時点で廃棄されます。

 

7)夫婦の一方が死去した場合には、配偶者の同意を得て廃棄されます。

双方が死去された場合には、当施設の判断により廃棄されます。

 

8)保存期限を迎えて廃棄申請がない場合は、自動的に延長と見なされて

料金が発生します。保存期限を越えて定められた申請が行われない場合

(本人に連絡がとれない場合を含む)、凍結受精卵は当該施設の判断に

より廃棄となりますが、不払いの費用については引き続き請求いたします。

 

9)受精卵の凍結保存、延長、融解移植および廃棄にはご夫婦の同意が

必要です。

 

受精卵の凍結保存と凍結延長

受精卵の凍結保存および凍結延長には、ご夫婦の同意が必要です。

 

受精卵の融解移植

凍結受精卵の使用に際しては、その都度ご夫婦の同意が必要です。

 

受精卵の廃棄

不要となった凍結受精卵の廃棄には、ご夫婦の同意が必要です。

 

精子凍結保存規約

精子の凍結保存は日本産科婦人科学会の会告に従い、当院の定める規約に

基づいて行われます。

 

1)精子の凍結保存期間は、社会通念上、妊娠および子育てに適当と思わ

れる年齢を超えないものとします。保存期間は原則として最長10年とし、

凍結保存を延長するには1年ごとに更新申請が必要です。

 

2)凍結および融解操作、長期保存によって、精子が損傷を受け妊孕性が

低下もしくは失われる可能性があります。こうした場合、当施設は責任を

負うことができません。

 

3)天災や火災などの不慮の事故で施設が損壊し、保存されている精子が

損傷もしくは紛失してしまう可能性があります。こうした場合、当施設は

責任を負うことができません。

4)保存期限を迎えて廃棄申請がない場合は、自動的に延長と見なされて

料金がが発生します。保存期限を越えて定められた申請が行われない場合

(本人に連絡がとれない場合を含む)、凍結精子は当該施設の判断により

廃棄となりますが、不払いの費用については引き続き請求いたします。

 

5)当院が何らかの理由で閉院もしくは治療の継続が困難となる場合には、

凍結保存されている精子は受け入れ可能な近隣の施設へ移送することにな

ります。予定された閉院の場合には、事前に告知させていただきます。

 

6)精子の凍結保存、延長、融解使用および廃棄には同意書が必要です。

 

7)保存期限を迎えて廃棄申請がない場合は、自動的に延長と見なされて

料金が発生します。

 

 

精子の凍結保存、凍結延長

本人が成人の場合には、その同意により実施されます。

本人が未成年の場合には、本人および親権者の同意を得て実施され、成人に

達した時点で本人に凍結保存継続の意思の確認が必要となります。

 

精子の融解使用

凍結精子を融解使用する場合にはその都度、本人の同意書が必要となります。

 

凍結精子の廃棄

不要となった精子の廃棄には本人の同意が必要です。本人が死亡した場合には、

親族(配偶者あるいは親権者)の同意が必要です。

 

受精卵と精子の凍結保存延長申請について

受精卵および精子の凍結保存延長および廃棄申請について

受精卵および精子の保存期限は凍結日から起算して一年間です。

最初の一年間の管理料は免除となりますが、一年を越えて保存を希望される

場合は、継続管理料が必要です。凍結した日の属する月が、その後の凍結更新月

となります。なお凍結時期の異なる受精卵や精子が複数個ある場合、継続管理料

はそれぞれに対して発生します。

 

延長および廃棄申請の流れ

1更新月の3ヶ月前に往復ハガキにて通知いたします。

住所変更されている場合は必ずご連絡ください。

 

2返信用ハガキの A延長 B廃棄 のどちらかを選択してください。

ご夫婦の署名は自筆に限ります。自筆でないとお受けできません。

 

3 A延長の場合には受理書と領収書を、B廃棄の場合には受理書を郵送します。

 

4支払い

更新月の末日までに指定の銀行口座に継続管理料をお支払いください。

継続管理料

受精卵 30000円(税別)×凍結回数

精子  30000円(税別)×凍結回数

凍結時期の異なる受精卵、精子がある場合、継続管理料はそれぞれに対して

発生します。

 

振込先

南都銀行 学園前支店(100) 

法人 普通口座 2222398 医療法人明日香

 

 

廃棄をする方

廃棄申請がない場合は延長と見なされ、料金が発生しますのでご注意ください。

受精卵と精子の廃棄申請について

 

ご注意ください!

凍結期限を越え廃棄申請がない場合は、自動的に凍結延長の扱いとなり料金が発生します。凍結期限を1ヶ月過ぎた時点で確認のためこちらからご自宅(連絡が取れない場合は職場)に連絡をいたします。督促の電話にご本人以外が出られた場合、不妊治療に関する個人情報が漏れる可能性があることをご了承くださいませ。全く連絡が取れず延長費用が支払われない場合には6ヶ月を過ぎた時点で受精卵および精子は廃棄となり、未払いの料金については少額訴訟を検討することとなります。

連絡が取れない、電話に出ていただけない事例が多数あります。
ご夫婦の大切な受精卵の取り扱いですのでご協力ください。
悩まれている場合はご相談ください。放置、無視だけはしないでください。

※連絡先が変更になった場合(住所や電話番号の変更)、離婚された場合、ご本人の死去の場合には必ずご連絡ください。

受精卵 廃棄申請書 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック  受精卵 廃棄申請書
精子 廃棄申請書 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック  精子 廃棄申請書

院長の今月のひとこと 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニックfacebook 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニックtwitter 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック私の妊娠報告書 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック第二種再生医療認可取得 PRP治療実施施設 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック妊活支援・・・夜間無料送迎サービス 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニックASKAの待ち受け画面 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

 


PAGE
TOP