子宮内膜細菌叢検査、慢性子宮内膜炎検査とは

腸内や皮膚、口腔内には様々な菌が住み着いて細菌叢“フローラ”を形成しています。

子宮内にはラクトバチルス属の細菌が豊富に存在しており、雑菌の増殖を防いだり病原体を死滅させる効果があります。

このフローラの乱れが不妊症や不育症の原因となることが分かってきました。子宮内膜細菌叢(フローラ)検査 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

Igenomix社のDNA解析技術を用いることで、子宮内フローラを調べることができます。

子宮内膜細菌叢検査では子宮内膜に住み着く善玉菌と悪玉菌の種類を同定します。

慢性子宮内膜炎検査では悪玉菌による炎症の有無を調べます。

これらに異常が判明した場合には抗生剤やプロバイオティクス(サプリメント)で治療ができます。

検査をお勧めする方

 □受精卵を移植しても不成功が続く
 □妊娠するが流産してしまう
 □膣炎を繰り返しやすい

検査にかかる費用(税別)

 検査料   52,000

 ※子宮内膜着床能検査と同時に行う場合は、20,000


PAGE
TOP