自宅でできる人工授精

自宅でできる人工授精(シリンジ法、スポイト法)

何らかの理由で性交渉ができないご夫婦に対しては、シリンジ法をお勧めしています。

マスターベーションによって採取された精液を注射器(シリンジ)に入れて、

膣内に注入する方法で通常の性交渉と同じ効果が期待されます。
手技も簡単で費用も実費負担のみですのでお手軽です。

条件

・マスターベーションによって精液が採取できること
・夫の精液所見が正常なこと
・妻が排卵していること
・妻の卵管が通っていること

手順

準備する物品 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

シリンジセット(アスカで販売しています)購入

精液採取用カップ/シリコンチューブ/注射器

3個 2000円(税別)

 

1精液の採取と液化

マスターベーションで容器に精液を採取します。
採取直後の精液は粘性が強いので、常温で15分ほど置いてサラサラにしてから使用します。

※容器が小さいので、採取しにくいです。

 当院で使用している専用容器(500円)を希望される方は

 お申し付けください。

 

注射器のセット 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

2注射器のセット

注射器にチューブを接続します。

しっかり装着してください。
最初に空気だけを1〜2cc程度吸います。

 

注入の準備 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

3注入の準備

注射器で精液を吸い上げます。この時、注射器は垂直に立ててください。
ゆっくりと吸い上げて、泡立てないようにしてください。

 

4シリンジセットの挿入

女性は仰向けになって寝て下さい。
男性はチューブの中央を持って膣内に挿入します。

注射器とチューブの接続部まで膣内に挿入してください。

途中で子宮下部に当たることがあります。

入らない場合には、上下左右に方向を変えてみてください。

5精液の注入
注射器を押して精液をゆっくりと注入します。
注入後はそのまま横になるか、就寝するのが理想的です。

※イラストでは実際より長いチューブを使用しています。
 当院で提供しているのは10センチ程の製品です。

※注入した精液がほとんど出てしまう場合には

再度トライしてください。

精液量が多い(5cc以上)の場合には、あふれ出ることが

ありますが、この場合は問題ありません。

精液の注入 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

 


PAGE
TOP