受診のタイミング

クリニックにはいつ受診してもかまいません

統計では避妊をしないカップルでは1年で80%、2年で90%が妊娠に至るとされています。そのため学会では“生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみない場合を不妊とする。その一定期間については1年というのが一般的である。なお、妊娠のために医学的介入が必要な場合は期間を問わない。“と定義されています。

しかし実際には女性の月経周期や性生活の頻度によっても変わりますし、またそれなりに排卵のタイミングを意識している夫婦と意識していない夫婦とでも異なります。極端に性生活の頻度が少ない夫婦と毎晩の様に交わっている夫婦とを同じく扱うこともできません。
当院においては1年前後で受診されるご夫婦が圧倒的に多いのが現状ですが、35歳以上の高齢の方の場合には、一年を待たずに来院された方が良いと考えます。

クリニックには気軽に受診してもかまいません

不妊外来を訪れる際の動機は“タイミングを合わせて性交渉しても妊娠しない”といった根拠のあるものから、“不妊症であったら困るから”という不安からと様々です。多くの場合、不妊症であるという確信を持って受診するのではありません。不妊症には他の病気とは違い、明らかな自覚症状もないものです。
不妊クリニックを受診するには、気軽な思いつきからでも良いと考えます。

不妊検診という考え方

ご夫婦の中には結婚して3ヶ月にして受診される方もいますし、最近では“ブライダルチェック”といって結婚前の検査に訪れる人も少なくありません。癌検診を受ける人のほとんどは癌を疑っているからではなく検診として受けているのと同様に、“不妊検診”なる考え方があってもいいのではないかと思います。異常がなければそれで安心できますし、その上で治療するかしないかを決めれば良いのですから。大事なことですから少々心配しすぎる位がちょうど良いかも知れません。


PAGE
TOP