子宮内膜着床能検査(ERA)とは

子宮内膜が受精卵を受け入れる最適な時期を“着床ウインドウ(Implantation window)”と呼びます。

胚移植するタイミングでこの窓が十分に開いていないと、着床しなかったり流産したりする可能性があります。

Igenomix社が開発したERA検査では、51%の人でウインドウのズレが報告されています。ERA検査を行い着床ウインドウを調べることで着床率の向上が期待されます。

子宮内膜着床能検査(ERA) 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック

検査をお勧めする方

 □受精卵を移植しても不成功が続く方
 □高齢のため何度も治療する時間がない方
 □貴重な受精卵のためベストな状態を作りたい方

検査にかかる費用(税別)

 検査料   135,000
 診察投薬料   36,000


PAGE
TOP