シプロキサン錠200mg(ニューキノロン系抗生剤)

成分名:シプロキサン塩酸塩

作用

子宮内細菌叢の治療(当院)

服用方法

開始日:指示通り
用法:1回1錠 1日2回
服用時間指定:なし

注意事項

抗生剤過敏症や蕁麻疹の出やすい方は申し出てください。

【以下の薬剤や食品とは併用しないでください】

プロピオン酸系消炎鎮痛剤(イブプロフェン、ロキソニン)

フェニル酸系消炎鎮痛剤(ボルタレン、インダシン)

水酸化アルミニウム、酸化マグネシウム、鉄剤、多量の牛乳

バイアグラ、シアリス

副作用

たまに〜よくみられる症状
吐き気、嘔吐、胃痛、下痢

まれにみられる症状
発疹、発赤、カンジダ膣炎、口内炎

ごくまれにみられる症状
アナフィラキシー、重症薬疹(中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症)、横紋筋融解症、薬剤性肝障害、薬剤性腎障害、間質性肺炎、無顆粒球症、薬剤過敏症症候群、出血性大腸炎、アキレス腱断裂、けいれん

副作用が出たら

喘息症状(呼吸苦、呼吸困難、ヒューヒュー音):服用中止 すぐに救急要請
アナフィラキシー症状(呼吸苦、眼瞼浮腫、血圧低下、蕁麻疹):服薬中止 すぐに救急要請
重症薬疹:すぐに皮膚科受診
横紋筋融解症(手足、肩、腰など筋肉の痛み、手足のしびれ、脱力感、尿が赤い):服用中止 すぐに内科受診
けいれん:服用中止 すぐに内科受診
吐き気、嘔吐:飲めそうになければ服用中止
胃痛:胃薬併用可

※副作用は、添付文書とPMDA資料を参考に、訴えのあるものについてのみ記載しております。
 ASKAレディースクリニック
 電話:0742-51-7717
 時間外、休診日は、緊急回線(診察券に記載)にお電話ください。

FQA

Q1
過去に抗生物質でまぶたや唇が腫れたことがあります。
A1
アナフィラキシーです。抗生物質を変更します。
Q2
過去に抗生物質で全身に湿疹が出たことがあります。
A2
薬疹です。抗生物質を変更します。
Q3
呼吸が苦しいです。ヒューヒュー音がします。
A3
喘息発作が誘発されています。すぐに救急要請してください。
Q4
眼瞼がむくみます。顔が腫れてきました。
A4
アナフィラキシーです。すぐに救急要請してください。
Q5
蕁麻疹が出ています。
A5
薬疹です。皮膚科でご相談ください。
Q6
下りものが増えてきて、外陰部に痒みがあります。
A6
カンジダ膣外陰炎です。抗真菌剤を処方します。
Q7
消炎鎮痛剤(ロキソニン・ボルタレン)を併用してもよいですか?
A7
なるべく避けてください。


PAGE
TOP