カバサール錠0.25mg(高プロラクチン血症治療薬)

成分名:カベルゴリン

作用

① 高プロラクチン血症の治療
② 採卵後の卵巣過刺激症状の軽減(当院)

服用方法

開始日:指示通り
用法:① 1回1〜2錠 1週間に1回、同一曜日に服用
   ② 1回1〜2錠 指示された日から7日間服用
服用時間指定:就眠前

注意事項

眠気がでたら車両の運転中止
低血圧の方はふらつき注意

【以下の薬剤や食品とは併用しないでください】

抗生剤(クラリス)

副作用

よくみられる症状
吐き気、嘔吐、食欲不振、便秘、頭痛、眠気

たまにみられる症状
突発的な睡魔、起立性低血圧、めまい、ふらつき

ごくまれにみられる症状
胸膜炎、間質性肺炎、幻覚、悪性症候群

副作用が出たら

眠気:車両運転中止
めまい:服用中止(お電話ください)
吐き気:減量(お電話ください)
嘔吐:服用中止(お電話ください)
発熱、咳:服用中止 すぐに内科受診

※副作用は、添付文書とPMDA資料を参考に、訴えのあるものについてのみ記載しております。
 ASKAレディースクリニック
 電話:0742-51-7717
 時間外、休診日は、緊急回線(診察券に記載)にお電話ください。

FQA

① 高プロラクチン血症

Q1
服用を忘れました。
A1
気がついた時に服用し、その日から7日間おきに服用を続けてください。
Q2
服用後、むかつきがあります。
A2
辛い場合には制吐剤をお渡しします。
Q3
発熱、咳、呼吸苦があります。
A3
胸膜炎の可能性があります。すぐに内科受診してください。

② 卵巣過刺激症候群

Q1
服用後、むかつきがあります。
A1
1回1錠に減量してください。それでも続く場合には制吐剤をお渡しします。
Q2
発熱、咳、息苦しさがあります。
A2
胸膜炎の可能性があります。すぐに内科受診してください。


PAGE
TOP