カロナール錠200mg(消炎鎮痛剤)

成分名:アセトアミノフェン

作用

解熱・鎮痛作用

服用方法

開始日:頓用(痛い時)
用法:1回2錠 1日2回まで
服用時間指定:なし

注意事項

アスピリン喘息、胃潰瘍。
眠気が出たら運転禁止

【以下の薬剤や食品とは併用しないでください】

アルコール、市販の総合感冒薬(アセトアミノフェン)

副作用

たまに〜よくみられる症状
腹痛、吐き気、嘔吐、胃痛、眠気、霧視、下痢

まれにみられる症状
発疹、むくみ、体温低下、脱力感

ごくまれにみられる症状
喘息、アナフィラキシー、重症薬疹(中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性汎発性発疹性膿疱症)、薬剤性肝障害、間質性肺炎、無顆粒球症

副作用が出たら

喘息症状(呼吸苦、呼吸困難、ヒューヒュー音):服用中止 すぐに救急要請
アナフィラキシー症状(呼吸苦、眼瞼浮腫、血圧低下、蕁麻疹):服薬中止 すぐに救急要請
重症薬疹:すぐに皮膚科受診
吐き気、嘔吐:飲めそうになければ服用中止
胃痛:服用中止

※副作用は、添付文書とPMDA資料を参考に、訴えのあるものについてのみ記載しております。
 ASKAレディースクリニック
 電話:0742-51-7717
 時間外、休診日は、緊急回線(診察券に記載)にお電話ください。

FQA

Q1
市販の総合感冒薬を併用しても良いですか?
A1
アセトアミノフェンを含む製品は避けてください。
Q2
呼吸が苦しいです。ヒューヒュー音がします。
A2
喘息発作が誘発されています。すぐに救急要請してください。
Q3
眼瞼がむくみます。顔が腫れてきました。
A3
アナフィラキシーです。すぐに救急要請してください。
Q4
蕁麻疹が出ています。
A4
薬疹です。皮膚科でご相談ください。
Q5
胃が弱いので胃薬と併用しても良いですか?
A5
問題ありません。むしろ併用してください。


PAGE
TOP