2010/09 32歳 治療期間:11ヶ月 治療法:排卵誘発タイミング法の休憩中、自然排卵

妊娠の秘訣・心がけていた事

・コーヒーを飲むのを止め、たんぽぽコーヒーに。これを始めてから、低体温気味だったのが改善されました。
・身体をとにかく冷やさないように、靴下を寝る時も履いていたり、冬場は腹巻をしたりしてました。
・冷たい飲み物を控えました。

治療内容

子宮筋腫×2の経過観察をしながらの治療でした。とはいっても、主人のステップあっっぷへのふん切りがなかなかつかず、又、その主人が骨折した為やむなく治療を休んだり、再開してクロミッドを処方していただき始めたら、筋腫が邪魔して排卵が確認出来なかったりと・・・何ともスムーズとは言い難い治療で中山先生にもご迷惑を多々お掛け致しました。

その他(通院・治療費・家族など)

治療に通う事自体に何の抵抗もありませんでした(結婚前から筋腫の存在は知っていたから、近い将来行った方がいいと思っていましたので)。
ただやはり、実家、義実家、そして主人のさりげなくも暖かい支えがあってこそ続けられるものだな、というのは実感できました。

治療中の方へのアドバイス

あまり思い詰めず、思いを適度に発散させる意味でも不明点や不安などはささいな事でも先生へ相談してみる事かと思います。

スタッフへのご意見など

中山先生始め、院内のスタッフの方々もいつも丁寧に暖かく対応していただけたので、気負わず通い続ける事が出来ました。本当にありがとうございました。


PAGE
TOP