2010/09 38歳 治療期間:2年 治療法:顕微授精

妊娠の秘訣・心がけていた事

とにかく諦めることなく信じて治療に臨んだこと。これに尽きます。自分がすべきことは、生活リズムを見直し、体調管理をし心身共にリラックスした状態で(といっても不安定になりますが)。あとは中山先生におまかせしたことでしょうか。自分ではそれ以上、どうすることもできませんでしたから。

その他(通院・治療費・家族など)

家と職場の間にあり、通院はそれほど苦にはなりませんでした。
夫も全面的に協力してくれ、採卵のときも同行してくれたことは大きな支えになりました。一人よがりな治療でなく、夫婦共に望んだもの(治療)であったことが何よりだと思っています。

治療中の方へのアドバイス

2年もの間治療に通い精神的に追いつめられることも多々ありました。ただ夫婦ともに「子は授かりもの」だから。その日が来るのをじっと待とうと考えていたし、何より、中山先生をとても信頼していたので、必ず良い結果が得られることを信じて疑いませんでした。
治療のステップアップのタイミングも大事です!!

スタッフへのご意見など

いつも笑顔で対応して下さったことに本当に感謝しています。
もしスタッフのみなさんが笑顔を向けて下さらなかったら、根気よく通院できなかったかもしれません。(これは本当です。)
無事に第一子を出産しましたら、第二子もどうぞよろしくお願いします。

2010/09 39歳 治療期間:2年11ヶ月 治療法:体外受精

妊娠の秘訣・心がけていた事

・運動(週2~3回くらい)のヨガ、エアロビクス等⇒ストレス解消にピッタリでした。
・冷え改善の為、しょうが入りサプリやしょうが紅茶、しょうが系料理をよくとりました。
・年中、レッグウォーマー&腹巻きを家の中にいる時は必ずつけていました。
・足湯(アロマオイルを入れるとリラックス効果大でした)

治療内容

1人目はハネムーンベイビーで授かり、まさかの2人目不妊でした。1つ目の病院で、タイミング→腹腔鏡検査→人工2回にチャレンジしました。ASKAでは、人工からすたーとしましたが、誘発をかけるたび次の月に卵が残り、ピルでリセットのくり返しでした。年令的にもタイムリミットもせまっていたので、体外へ進む事に・・・。1回目移植→化学流産、3回目移植→けい留流産と2度も流産を経験した後、5回目移植でやっと妊娠する事が出来ました。3度も採卵しましたが、注射より薬より通院よりも≪自然妊娠では絶対に体の外に出ていくことのない、自分自身の卵を取り出してしまう事≫に何よりも、さみしさと悲しさと、せつなさとつらさを感じました。

その他(通院・治療費・家族など)

通院:電車とバスを乗り継いで40分ぐらいで、あまり苦にはなりませんでした。
治療費:1つ目の病院での治療費を合わせると180万円近くかかりました。人工までは毎月の生活費から、体外~は(収入源度額をこえた為、助成金ももらえず・・・↓)貯金をくずしてのねん出でした。
家族:夫は、仕事柄出張が多く、タイミング、人工の際は日程調整がうまくいかず、けんかばかりで、凹むことも多かったのですが、体外へ進み、やっと理解も得られ、結果的には、ケンカをくり返すことで、やっと夫婦仲良くなれた気がします?

治療中の方へのアドバイス

結婚後すぐ授かった息子も11才に・・・。2人目との年令差が開くたび、あせりといら立ち、自分へのふがいなさを感じ、過呼吸・不眠に・・・。そんな私が、40才を目前にし、この度“ご縁”に恵まれました。“必ず私にも未来の赤ちゃんとのご縁がある”と信じて、いい“ご縁”が舞いおりてくるのを待ちましょう。私も待ちました。長い、長い間、11年間待ちました~。(長かったぁ~~)

スタッフへのご意見など

約2年もの間、お世話になりました。受付の方をはじめ、スタッフの皆様、あたたかく、やさしい言葉をかけていただき、とても親切にしていただきありがとうございました。そして、中山先生・・・先生のおっしゃる“これは運ですから・・・。の言葉を心から信じる事が出来た時、納得した時、ある意味心が開き直れ、そして授かる事ができました。
心から感謝しております。

2010/09 32歳 治療期間:11ヶ月 治療法:排卵誘発タイミング法の休憩中、自然排卵

妊娠の秘訣・心がけていた事

・コーヒーを飲むのを止め、たんぽぽコーヒーに。これを始めてから、低体温気味だったのが改善されました。
・身体をとにかく冷やさないように、靴下を寝る時も履いていたり、冬場は腹巻をしたりしてました。
・冷たい飲み物を控えました。

治療内容

子宮筋腫×2の経過観察をしながらの治療でした。とはいっても、主人のステップあっっぷへのふん切りがなかなかつかず、又、その主人が骨折した為やむなく治療を休んだり、再開してクロミッドを処方していただき始めたら、筋腫が邪魔して排卵が確認出来なかったりと・・・何ともスムーズとは言い難い治療で中山先生にもご迷惑を多々お掛け致しました。

その他(通院・治療費・家族など)

治療に通う事自体に何の抵抗もありませんでした(結婚前から筋腫の存在は知っていたから、近い将来行った方がいいと思っていましたので)。
ただやはり、実家、義実家、そして主人のさりげなくも暖かい支えがあってこそ続けられるものだな、というのは実感できました。

治療中の方へのアドバイス

あまり思い詰めず、思いを適度に発散させる意味でも不明点や不安などはささいな事でも先生へ相談してみる事かと思います。

スタッフへのご意見など

中山先生始め、院内のスタッフの方々もいつも丁寧に暖かく対応していただけたので、気負わず通い続ける事が出来ました。本当にありがとうございました。


PAGE
TOP